不動産投資に役立つ情報をお届けする大和財託社長ブログ 不動産投資に役立つ情報をお届けする大和財託社長ブログ

区分所有物件への投資は有効か?①

2013年07月23日

テーマ:

毎度お世話になります。
大和財託の藤原です。


今週は飲み会ウィークとなりそうです。

武蔵コーポレーションに在職中お世話になった、会社メンバーの面々が送別会を開いてくれています。
本当に感謝しております。


さて本題です。
本日は、「区分所有物件への投資」について考えてみたいと思います。


区分所有への投資は、ワンルームの場合、数百万円から投資ができるため、初めての不動産投資として始められる方も多くいらっしゃいます。

 

区分所有への投資も新築と中古に分かれますが、新築区分所有への投資は100%絶対やってはいけない投資です。


新築区分所有への投資については、次回以降に譲るとして、今回は中古の区分所有について考えてみたいと思います。

 

区分所有物件投資のメリットは、以下の通りです。

・数百万円からの少額から始められる
・投資対象として立地が良い場合が多い
・流動性が比較的高い(一棟物と比べ、金額的に)
・管理組合があり、管理がしっかりしている物件が多い
・投資エリアを分散しやすく、リスク分散しやすい

等々


上記の通り、多くのメリットがありますが、当社大和財託では区分所有物件のご紹介はしておりません。


可能な限り最初から中古の一棟アパート・マンションへの投資をしたほうがよいというのが、私の考えです。

 

理由は2つあります。

1.空室リスク
2.投資効率

 

次回以降、解説してまいります。


本日は以上となります。


大和財託株式会社
藤原 正明

ページトップへ