プライベート相談
TOP>大和財託のサービス>&FUND>出資型(匿名組合)

&FUND

出資型(匿名組合)

効率的に手元の資産を
増やしたい方向け

  • 長期・短期の安定収益

  • 新しいお金の置き場として

  • 物件購入の為の資金作りに

運用中ファンド

物件一覧を見る

ファンドの仕組み

効率的に手元の資産を増やしたい方には
「出資型(匿名組合)」
お客様は、当社または当社グループ会社と
匿名組合契約を締結し、出資額に応じて
配当金を受け取れます。

優先劣後タイプ(1号事業)

投資家
(優先出資者)

(劣後出資者)

  • 出資

    分配

  • 出資

    分配

  • 出資

    分配

  • 出資

    分配

優先出資
7,000万円

劣後出資
3,000万円

運用収益

購入

購入

運用収益

マンション(不動産)
1億円

※表記の優先劣後割合は一例です

※各ファンドの割合はシュミレーション等のファンド詳細資料をご確認ください

事業者である大和財託と出資者であるお客様の間で、匿名組合契約型の不動産特定共同事業契約を締結します。
お客様は事業者である大和財託が保有する収益不動産に出資し、出資額に応じて配当金を受け取ります。

元本の安全性を高める仕組み

■優先劣後方式
「優先劣後方式」という仕組みを導入しています。出資金は「優先出資」と「劣後出資」に分けられ、優先出資はお客様、劣後出資は当社が該当します。万が一元本割れになった場合は劣後出資(当社)からの負担になる為、優先出資であるお客様の元本は、劣後出資の範囲内において守られます。優先劣後タイプ(1号事業)では、劣後出資の割合を高めに設定し(20%等)、よりお客様の元本の安全性を高めています。

なお、分配金についても、優先出資から先に分配されます。

元本払い戻しシステム

配当金とは別途、元本を毎年一定のパーセントずつお客様に払い戻す仕組みです。これはお客様からの実際の出資金から返金するのではなく、物件の家賃収入をベースにしています。

例えば1%の場合、万が一物件に毎年1%の価値下落が発生しても元本が1%戻る為、元本毀損することはございません。
更に、運用期間が長期になれば実質的な利回りが増えることにもなります。例えば100万円出資した場合、実質利回り3.0%で分配金は3万円(税引前)です。そして1年後に1%の出資金が戻る為出資金は99万円ということになりますが、分配金は変わらず3万円(税引前)の為、実質利回りが3.03%になります。

※払い戻しシステムのパーセンテージは物件により異なります。

銀行普通貯金との比較

&FUNDで出資金100万円、予定分配率5%、
運用期間1年で行った場合と
メガバンクの普通預金で、預金100万円、年利0.001%、
1年間預入れた場合とを比較すると、
&FUNDは銀行普通貯金の5,000倍の金利に
なります。
※予定分配率5%は確定したものではなく、元本および予定分配率を保証したものでもありません。

メールでのお問い合わせ

経験豊富な弊社のコンサルタントが、資産運⽤や
節税、相続対策などのご相談も無料で承ります。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6147-4104

10:00〜18:00
(毎週⽔曜⽇定休)