プライベート相談
TOP > 社長ブログ〜積小為大〜 > 新卒社員に期待すること

CEO BLOG

社長ブログ
〜積小為大〜

新卒社員に期待すること

e-Book無料プレゼント

毎度お世話になります。
大和財託の藤原です。

本日は、不動産投資ネタではなく、会社経営についてです。

先日、新入社員3名・中途社員1名の歓迎会を行いました。

こうして、新卒社員を複数名、会社に迎え入れられるようになったことは、経営者として非常にうれしいです。

中小の不動産会社の多くは、新卒の採用は行っていません。

不動産会社、とりわけ売買を行っている会社では、即戦力になる社員が重宝されます。
すぐに会社に利益をもたらしてくれるわけです。
(特に収益不動産の専門会社なら尚更です)

一方、新卒社員は、戦力にするのに、かなりの手間と時間がかかります。

その間は、社員が上げる会社への利益より、社員に支払う給料・社会保険料・間接費用などのほうがかなり大きくなります。(会社としては投資をしている状況です)

また、そもそも新卒社員を戦力にするためには、指導できる人財が社内にいることが大切です。

いくら優秀な新卒社員を採用できても、社内できちんと指導して才能を開花できる体制がなければ、その新卒社員にとっては不幸なことです。

当社では昨年、初めて新卒社員(北村)を採用し、私をはじめ当社の幹部社員が指導した結果、いまでは賃貸営業(リーシング)で若さを生かした圧倒的な活動量と頭に汗をかくことで、頭角を現しています。

去年の実績があり、優秀な社員の能力を開発できる社内環境があると判断できたため、今年は3名の新卒者を採用しました。

すでに2名は早く働きたいということで、3月から仕事をしています。

ぜひ彼らには数年後には会社を引っ張っていけるまでに成長していってほしいと思います。

おそらく、彼らはこれからの当社での社会人生活で、多くの失敗をしたり、社会の厳しさを痛感したり、挫折したりと大変なことがたくさん待ち受けています。(私自身も、入社1,2年目はほんとに多く失敗をし、最初の会社を何度もやめようと思ったものです。)

おそらく辞めたいと思うことも出てくるでしょう。

しかし、当社の事業はお客様のお金まわりを扱う非常に重い仕事ですので、私は社員を甘やかすつもりは一切ありません。(生ぬるい仕事ではお客様を不幸にします)

そこは、徹底的にプロ意識を植え付けるしかないと思っています。

私としては、大企業ではなく、まだ創業4年目のベンチャー企業である当社に可能性を見出し入社してくれた新卒社員のためにも、彼らを立派なビジネスパーソンに育て、どこにいっても食べていける能力を身に着けさせる責任があります。

数年後を振り返ってもらった時に、大和財託に入社してよかったと思ってもらえるよう、社員と正面から向き合い教育指導してまいります。

当社の社員が高いプロ意識をもち優秀であればあるほど、そして仕事にやりがいと誇りを持てば、お客様に対し良い仕事ができますので、ES(従業員満足度)を高め、CS(顧客満足度)を最大化する経営を今後もしてまいります。

ESなくしてCSなしです。

お客様におかれましては、優秀な人財がどんどん集まってきている当社にどうぞご期待ください。

本日は以上となります。

大和財託株式会社
藤原 正明

藤原個人のTwitterを始めました。
不動産関連のつぶやきをしていますので
ぜひフォローくださいませ。(相互フォロー歓迎)
@fujiwaramasaaki

▼大和財託の最新セミナー情報 ・ お申込みはこちら▼
不動産投資セミナー

▼プライベート相談のお申し込みはこちら▼
プライベート相談

◆◆ メールマガジン登録 ◆◆
▼大和財託が発行する無料メールマガジン登録はこちら▼
メールマガジン登録

メールでのお問い合わせ

経験豊富な弊社のコンサルタントが、資産運⽤や
節税、相続対策などのご相談も無料で承ります。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6147-4104

10:00〜18:00
(毎週⽔曜⽇定休)