プライベート相談
TOP > 社長ブログ〜積小為大〜 > 仕事に対するモチベーションは不要?

CEO BLOG

社長ブログ
〜積小為大〜

仕事に対するモチベーションは不要?

e-Book無料プレゼント

毎度お世話になります。
大和財託の藤原です。

最近久しぶりに会う方々に体が大きくなったといわれる大和財託の藤原です。

私にとっては最上級の褒め言葉となります。

そろそろ春夏物スーツのオーダー時期ですので、ゼロベースで採寸してもらいピチピチスーツではなく、ジャストフィットのスーツで仕事できるようしてまいりたいと考えております。

ちなみに、私はスーツを2シーズン着たら捨てるようにしています。
春夏および秋冬ともに6セットずつ用意しており、毎年3セットを捨てて新たに3セットを新調します。

私の年間休日は30日もないので、(休みの日でも仕事のことを常に考えているので実質年中無休ですが)ほぼ毎日スーツを着ている状態ですので、頻繁にスーツを変えているわけです。

毎回の採寸を楽しみにして、仕事の合間を縫って体作りに励んでまいります。

それが最終的には良い仕事をすることにつながり、お客様のためにもなると思っています。

さて、本日は不動産投資ネタではなく、ビジネス関連のネタです。(一部の方には好評です)

「仕事に対するモチベーションは不要?」についてです。

現在当社では採用活動に注力しており、求職者の方々と面接を行っております。

選考の過程で、インターンも実施しており、職場体験とともに私以外の社員ともコミュニケーションをとり、求職者の方がイメージする当社の職場環境に相違が無いようにしています。

そういった中で、まれに「仕事に対するモチベーションを維持するためにはどうされていますか?」といった類の質問を受けることがあります。

私の答えは、「そもそも仕事にモチベーションなんて関係ありません!」です。

当社にはここ最近の業容拡大により、創業期の社員以外の新たに入ってきた社員が多数増えていますが、まず社員教育にて指導し身に着けてもらうことがあります。

私の社員教育の根底にあるのは、社員モチベーションをどう上げるかではありません。

極論を言えば、モチベーションなんてどうでもよいです。

では、何が必要なのか。

それは、プロ意識です。

プロ意識を持つことが何より大切と考えています。

人間だれしも日によって体調が悪いこともあれば、プライベートな問題や悩みはあるものです。
モチベーションが低い状態といえると思います。

しかし、私たちは仕事を通じてお金を頂いているプロですので、お客様からすればその担当者のモチベーションがどうかはまったくの無関係です。

求められているのは成果です。

モチベーションの高い低いで、仕事の成果が大きくブレる者はプロとして失格です。

私自身も人間ですので、体調が悪い日もあれば、プライベートでの悩みなどいろいろあります。
(そもそも、仕事とプライベートという分け方もしませんが)

それでも、何事もなかったかのように、いつも通り粛々と仕事をしています。

モチベーションの高い低いに関わらず、求められている成果を安定的に出せる人、それがプロだと思いますし、当社の社員にはそのように教育しています。

モチベーションによって、仕事の成果の質が大きく下がるのはアマチュアちゃんです。

(もちろん、モチベーションが高いほうが仕事の達成感は気持ちが良いとおもいますが)

当社の例で言えば、各人によってレベルの差はあると思いますが、確実に社員は育ってきていると思いますし、実際当社の社員は体調不良で仕事に穴を空けたり、休んだ人間はだれ一人いません。(体調管理も重要な仕事です)

また創業以来、正社員は誰一人一度も辞めていません。
(これは当社の社風が和気あいあいとしていることも大きいです)
プロとして途中で仕事を投げ出すような人間は誰一人といないと感じています。

当社の場合は、お客様との距離が近く、業務内容もお客様の資産形成および資産運用ですので、生半可な仕事をしてはそのお客様の人生を大きく狂わせてしまいます。

プロ意識があれば、未経験であっても3年以内にアマチュア意識で長年やっていた方を凌駕するスキル・能力を身に着けることが可能だと思います。

決してお金だけがモチベーションの傭兵は採用しません。(この業界は非常に多いです)

経営者としては、社員のモチベーションを上げることに注力するよりは、プロ意識を徹底的に植え付けることが大切だと私は考えています。

ビジネスパーソンの方全員がこういう意識を持てば、世の中が変わると思うのは大げさでしょうか。

これからも全社員がプロ意識を持ち仕事にあたり、一人でも多くの方の資産形成および資産運用のお手伝いをし、経済的安定を提供し、少しでも地域社会・日本の発展のために頑張ってまいります。

本日は以上となります。

大和財託株式会社
藤原 正明

藤原個人のTwitterを始めました。
不動産関連のつぶやきをしていますので
ぜひフォローくださいませ。(相互フォロー歓迎)
@fujiwaramasaaki

▼大和財託の最新セミナー情報 ・ お申込みはこちら▼
不動産投資セミナー

▼プライベート相談のお申し込みはこちら▼
プライベート相談

◆◆ メールマガジン登録 ◆◆
▼大和財託が発行する無料メールマガジン登録はこちら▼
メールマガジン登録

メールでのお問い合わせ

経験豊富な当社のコンサルタントが、資産運⽤や
節税、相続対策などのご相談も無料で承ります。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6147-4104

10:00〜18:00
(毎週⽔曜⽇定休)