不動産投資に役立つ情報をお届けする大和財託社長ブログ 不動産投資に役立つ情報をお届けする大和財託社長ブログ

【Q&A】日本政策金融公庫からの融資について

2013年11月15日

テーマ:

毎度お世話になります。
大和財託の藤原です。


火曜日に新人の歓迎会を行いました。



当社のオフィスは大阪一の繁華街である北新地の目の前にあるため飲み場所には困りません。

とはいえ、これまでは開業以来走り続けておりますので、飲みに行くことはほとんどありませんでした。


この日は鉄板焼きのお店では久々にゆっくり歓談でき、チーム力の向上にもつながったのではと思っております。

やはりお酒を飲みかわすことで、その人の人となりが分かるので、宴会・会食はとても素敵だなと改めて感じました。




前々職でお世話になった三井不動産(私はレジデンシャル)さんでは、財閥デベロッパーの中でも「人の三井」とよばれ、人=社員・チームを重んじる社風でした。


三井さんの人を重んじる社風は、私が目指すあるべき会社の姿です。


私も社員一人一人の力を合わせ、組織力を高め、社業の発展、ひいてはお客様へのサービス向上につなげていきたいと考えております。


さて、本日は前回の記事に対し反響を多くいただきました。質問も寄せられているので、Q&Aとして書かせていただきます。


前回の記事はこちら

 

Q1.物件の担保評価が足りない時の無担保枠について詳しく教えてください


【A1】
日本政策金融公庫では、個人・法人問わず1000万の無担保枠を設定しています。(前回の記事の2000万は個人・法人それぞれという意味)


これは、不動産等の物的担保、保証人等の人的担保が無くても、個人与信のなかで最大1000万円は借り入れることが可能という意味です。


前回も書かせていただきましたが、当社もこの無担保枠を使用し会社の設備費用の一部で公庫より借入を起こしています。(当然無担保です)


公庫は担保掛け目が厳しいということが書籍やブログでいわれておりますが、グロスの小さい物件であれば、多少の物件担保不足は個人無担保枠で補うことが可能です。


以上のことから、当社では中長期的なポートフォリオを組み際に、公庫融資を効果的に利用する方法を、個別面談に申し込まれた方等にお伝えさえていただいております。




Q2.
妻と共働きですが、私と妻それぞれで
公庫融資は使えるのでしょうか?
専業主婦でなければ
ならないということでしょうか。


A2.

前回の記事で、
専業主婦の方にお勧めと書いたので、
上記のようなご質問をされたのだと思います。


奥様が正社員として働かれているご家庭でも
公庫融資は問題なく利用いただけます。


奥様の女性枠7200万と
ご主人の4800万の合計12,000万円まで
融資利用が可能なので、
かなり使い勝手が良いと思います。


再三申し上げますが、
公庫融資は不動産投資という事ではなく、
貸家業ということでなければ
借り入れはできません。


よって、借入申込書・事業計画書には
貸家業を行う目的がなくてはなりません。

例えば
「賃貸業を行うことで地域社会に
住環境という社会インフラを提供することを目的とする」
といった具合です。


このように、

不動産投資を行う上で切っても切れない融資は、
金融期間によって融資ロジックが異なりますので、
それぞれに合致した物件の選択、
対策をとることが肝要です。



※よくお客様から
「積算どれくらい?」と聞かれますが、
お答えすること自体
あまり意味のないことと考えます。


正しくは
「●●銀行での担保評価はどれくらい?」
ということです。


例えば、●●●銀行は
収益還元評価100%で担保評価します。
よって積算価格が出ていても
融資金額には影響しないということです。

 


Q&Aは以上ですが、
当社では随時質問を受け付けておりますので、
お問い合わせフォームからご連絡ください。


本日は以上となります。


大和財託株式会社
藤原 正明

ページトップへ