プライベート相談
TOP > コラム > 頭金と自己資金の違いって何ですか?

COLUMN

コラム

頭金と自己資金の違いって何ですか?

2019年11月22日(金)

《はじめに》
 
不動産投資は通常、大部分の資金を金融機関から融資を受けることで
購入資金を調達し、物件を購入することになりますので
不動産投資を検討する際に、資金計画を立てることは非常に重要になります。
また、最近では融資厳格化の流れの中で、
一定の「頭金」を求められるケースが多くなっています。
 
不動産投資をはじめるために必要な資金は、物件購入代金だけではありません。
別途、不動産登記費用や火災保険料、
各種税金などの購入諸費用が必要になり
通常は自己資金での捻出が必要です。
 
初めて不動産投資を検討されている方の中には
「自己資金」と「頭金」を混同されている方がいらっしゃいますので
今回は簡単に違いの説明をさせて頂ければと思います。


《頭金と自己資金の違いとは?》


【頭金とは】
物件価格に対して融資額を引いた額になり
建築費や購入代金に充当する金額になります。
 
融資額は、借り手の状況(年収や資産背景、職業など)と
購入物件(新築か中古か、立地や収益性など)、
経済状況(金利や政策など)を加味して決定されます。
 
ルローンと呼ばれるものは物件価格に対して満額の融資を得ることです。
頭金を入れないので、必要な資金は購入諸費用のみになります。
 
【自己資金とは】
自己資金とは、「頭金」に物件価格以外に掛かる購入諸費用などを足した額になり
物件購入時に融資以外で用意する必要のある金額になります。


購入諸費用は一般的に、仲介会社経由での購入の場合
購入物件価格の7~8%程度になります。
売主から直接購入の場合は4~5%程度になります。
 
購入諸費用の内訳として以下のものがあります
 
【購入諸費用例】
・登録免許税
・不動産取得税
・不動産仲介手数料
・印紙税
・司法書士費用
・融資手数料
・仲介手数料
 
※詳しくは、過去に説明しておりますので、ご参考ください。
https://bit.ly/35o1ydi
 


 
物件購入総費用=融資額+自己資金(頭金+購入諸費用)
の関係になります。
 
 
《さいごに》
 
「自己資金」と「頭金」、
二つの言葉を混同されることが多いですが
両者は違うものとして認識をする必要があります。
物件の購入に際し、必要な自己資金を把握した上で投資判断を行う事になりますが
物件購入後にも、修繕や退去に伴う一定の費用が必要になることもあります。


自身のライフプランや投資目的に応じて、
自らの資産をどう活用して投資を行うのか、
慎重に判断するよう心がけましょう。



 


■大和財託の不動産投資コンサルティング


大和財託では、これから不動産投資を始めようとお考えの方向けに、様々なコンテンツを無料で提供し、一人でも多くの方に不動産投資により経済的に豊かになっていただくサポートをしています。
不動産投資に興味がある、これから不動産投資を始めたい、そんな方々の不動産投資を行う目的を明確にするお手伝いを無料でさせていただきます。



お客様のご要望やご状況、お悩みに合った、最適な不動産投資プランをご提案いたしますので、ぜひお気軽に当社の「プライベート相談」をご利用ください。


東京、大阪会場に加えて、オンラインでも面談を行っておりますので、全国から参加いただけます。


 


■これから不動産投資を始める方に最適!大和財託の不動産投資セミナー


大和財託では、不動産投資で失敗しない為の原理原則やノウハウ、過去の事例を一人でも多くの方にお伝えしたいと思い、東京、大阪、オンラインにて無料で不動産投資セミナーを開催しております。



セミナー後の強引な営業は一切ございません。


プライベート相談はまだちょっと早いかも…という方、これから不動産投資を始める方、これから不動産投資のゴールを考えたい方も当社のコンサルタントがサポートいたしますので、ぜひお気軽にお申込みください。


✓おすすめ記事一覧
不動産投資の始め方|始める前の注意点と不動産投資の目的について
不動産投資とは?初心者でも失敗しないための基礎知識
不動産投資の空室リスクと対策は?マンション・アパート経営の始め方
不動産投資には年収がいくら必要ですか?
不動産投資の始め方|始める前の注意点と不動産投資の目的について

おすすめ記事一覧

メールでのお問い合わせ

経験豊富な当社のコンサルタントが、資産運⽤や
節税、相続対策などのご相談も無料で承ります。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6147-4104

10:00〜18:00
(毎週⽔曜⽇定休)