プライベート相談
TOP > コラム > 低い借入金利にこだわった方が良いですか?

COLUMN

コラム

低い借入金利にこだわった方が良いですか?

2019年1月18日(金)

<はじめに>
金利についてもちろん低い方が良いのですが、
金利にこだわり過ぎると
投資の幅が狭くなり、
購入できる物件の選択肢が少なくなってしまいます。


キャッシュフローや投資効率を考えると、
あくまで「返済期間は長く」が基本でした。


一見、借入金利が高くても、
返済期間を考慮に入れることで
イールド・ギャップを大きく取ることができ、
キャッシュフローが回りやすくなるというのは
以前のQ&Aでも触れさせていただきました。


イールド・ギャップの記事はコチラ
■正しい『イールドギャップ』とは何ですか①~④


① https://bit.ly/2AUqxIe


② https://bit.ly/2KRJMbQ


③ https://bit.ly/2NMgsC6


④ https://bit.ly/2Lyclb8


<キャッシュフローを得るにはイールドギャップを考える>
例えば金融資産が5,000万円以上ある方は、
メガバンクをはじめとしたプロパーローンを
金利1%以下と好条件で利用できます。


メガバンクなどの融資審査に通るのはいわゆる「きれいな物件」、
具体的に言えば法定耐用年数が十分残っているRC造で
検査済証もあるような物件です。


しかし、そうした物件は総じて低利回りとなります。
相続税対策や当座のキャッシュフローに重きを置かない投資を
志向される方はこうした物件でもよいのですが、
不動産投資によるキャッシュフローを
再投資原資として買い増し続けていく方にはお勧めできません。


一方、金利は3.0%以上と高めではあるものの、
違法物件を含めて色々な物件に融資を行う金融機関もあります。


そうした金融機関を利用すれば
利回り10%以上の物件豊富に選べるため、
イールド・ギャップも大きく取れて
キャッシュフローが潤沢に得られます。


<最後に>
不動産投資の目的は借入金利を抑えることではありません。
「金額」「金利」「期間」を考慮に入れて融資を受け、
その資金を投じて投資効率の良い物件を購入する。
そして税引後のキャッシュフロー最大化を図ったうえで、
複数棟購入し将来ビジョンの達成を目指す。


これが、不動産投資の本来の目的であるはずです。


金利のみにこだわり過ぎると投資の幅を狭め、
目的達成から遠のいてしましかねません。
事実、当社のお客様が収益物件購入に際して借入する金利は、
1%以下の金融機関もあれば、
3%台のところもありますが、
どの物件も潤沢にキャッシュフローを生んでくれています。


改めて不動産投資の目的を考え、
イールド・ギャップの最大化を目指す不動産投資をおススメ致します。



 

■大和財託の不動産投資コンサルティング


大和財託では、これから不動産投資を始めようとお考えの方向けに、様々なコンテンツを無料で提供し、一人でも多くの方に不動産投資により経済的に豊かになっていただくサポートをしています。
不動産投資に興味がある、これから不動産投資を始めたい、そんな方々の不動産投資を行う目的を明確にするお手伝いを無料でさせていただきます。



お客様のご要望やご状況、お悩みに合った、最適な不動産投資プランをご提案いたしますので、ぜひお気軽に当社の「プライベート相談」をご利用ください。


東京、大阪会場に加えて、オンラインでも面談を行っておりますので、全国から参加いただけます。


 

■これから不動産投資を始める方に最適!大和財託の不動産投資セミナー


大和財託では、不動産投資で失敗しない為の原理原則やノウハウ、過去の事例を一人でも多くの方にお伝えしたいと思い、東京、大阪、オンラインにて無料で不動産投資セミナーを開催しております。



セミナー後の強引な営業は一切ございません。


プライベート相談はまだちょっと早いかも…という方、これから不動産投資を始める方、これから不動産投資のゴールを考えたい方も当社のコンサルタントがサポートいたしますので、ぜひお気軽にお申込みください。


✓おすすめ記事一覧
不動産投資の始め方|始める前の注意点と不動産投資の目的について
不動産投資とは?初心者でも失敗しないための基礎知識
不動産投資の空室リスクと対策は?マンション・アパート経営の始め方
不動産投資には年収がいくら必要ですか?
不動産投資の始め方|始める前の注意点と不動産投資の目的について

おすすめ記事一覧

メールでのお問い合わせ

経験豊富な当社のコンサルタントが、資産運⽤や
節税、相続対策などのご相談も無料で承ります。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6147-4104

10:00〜18:00
(毎週⽔曜⽇定休)