プライベート相談
TOP > コラム > ローン定数Kとは?

COLUMN

コラム

ローン定数Kとは?

2017年4月14日(金)

ローン定数は融資を利用して不動産投資をする際には、
欠かせない投資指標になります。

ローン定数Kの求め方は以下の通りです。

ローン定数K【%】=年間元利返済額/総借入額

このローン定数は、金利と期間のみで定まる定数となり、
意味としては、その借入をするのに
年間どの程度キャッシュアウトしているか、
という負担の度合いを示すものとなります。

■例1 借入:10,000万円 金利:1.0% 期間:15年

 K=718万円/10,000万円

=7.18%

■例2 借入:10,000万円 金利:2.0% 期間:25年

 K=509万円/10,000万円

=5.09%

上記を比較すると、金利は例1が低いですが、
返済は例2が低いということ(キャッシュフローが高いということ)
になります。

このローン定数を求めることで、
不動産投資における正しいイールドギャップを求めることができます。

イールドギャップは借入を伴う不動産投資を行ううえで、
必ず押さえておかなければならない指標となります。

 

■大和財託の不動産投資コンサルティング

大和財託では、これから不動産投資を始めようとお考えの方向けに、様々なコンテンツを無料で提供し、一人でも多くの方に不動産投資により経済的に豊かになっていただくサポートをしています。

不動産投資に興味がある、これから不動産投資を始めたい、そんな方々の不動産投資を行う目的を明確にするお手伝いを無料でさせていただきます。

お客様のご要望やご状況、お悩みに合った、最適な不動産投資プランをご提案いたしますので、ぜひお気軽に当社の「プライベート相談」をご利用ください。

東京、大阪会場に加えて、オンラインでも面談を行っておりますので、全国から参加いただけます。

 

■これから不動産投資を始める方に最適!大和財託の不動産投資セミナー

大和財託では、不動産投資で失敗しない為の原理原則やノウハウ、過去の事例を一人でも多くの方にお伝えしたいと思い、東京、大阪、オンラインにて無料で不動産投資セミナーを開催しております。

セミナー後の強引な営業は一切ございません。

プライベート相談はまだちょっと早いかも…という方、これから不動産投資を始める方、これから不動産投資のゴールを考えたい方も当社のコンサルタントがサポートいたしますので、ぜひお気軽にお申込みください。

✓おすすめ記事一覧
不動産投資とは?初心者でも失敗しないための基礎知識
大阪で不動産投資を始める方法は?おすすめエリアや物件の選び方
不動産投資の空室リスクと対策は?マンション・アパート経営の始め方
不動産投資とは?初心者でも失敗しないための基礎知識
不動産投資で税金対策とは?減価償却を活用した節税スキームを解説!

おすすめ記事一覧

メールでのお問い合わせ

経験豊富な当社のコンサルタントが、資産運⽤や
節税、相続対策などのご相談も無料で承ります。

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

06-6147-4104

10:00〜18:00
(毎週⽔曜⽇定休)