こんなことでではございませんか?

何年もマンションの理事長をやっているがいい加減やめたい…
管理費や修繕積立金の滞納が増えており、資金が不足しないか不安…
大規模修繕が迫っているが、管理会社からの見積金額が適正かわからない…。
マンションは自主管理で運営してきたが、支障が出てきている…

昨今、マンション管理組合の役員なり手不足が社会問題となっております。
特に責任と負担の大きい理事長は引き受けてくれる人が見つからないことが多く、 管理組合が機能しないままの状態が続けば、管理不全に陥ることも想定されます。
当社が管理者となることでさまざまなマンション管理のお悩みを解決します。

マンション管理のお悩みを解決する2つのサービス!

特徴

1

理事長代行サービス(月額10,000円~)

当社が理事長となり、管理組合運営を代行します。
・管理会社の業務チェック
・管理組合の収支改善
・清掃状況や劣化状況などの巡回確認
・総会の開催および運営
理事長が行う業務全般をお引き受けします。

特徴

2

管理組合支援サービス

理事長には就任しませんが、
・管理会社との契約内容の確認
・修繕内容の検証、アドバイス
・管理規約の改正
外部のコンサルタントとして
管理組合を支援します。

理事長代行とは?

理事長代行とは、分譲マンションの「理事長」もしくは「管理者」に区分所有者以外の第三者が就任する仕組みです。

マンションに対するこれまでの考え方は、マンションに住む住人が積極的に管理に関わり、自主的に管理を行うことが求められていました。 しかしながら、所有者の「高齢化」や、投資用マンションなど「賃貸化」が進み、区分所有者による管理では、管理組合としての機能不全に陥るなどの問題が起きています。

こうした問題を背景に、マンション管理を管轄する国土交通省は、2012年(平成24年)に「マンションの新たな管理方式の検討」として役員のなり手不足による管理不全の問題などの詳細資料を公開し、2016年(平成28年)に改定した「標準管理規約」でも「理事長に外部者を設置する場合を想定する規約改定案」を例示するなど、今後、一般的となり得る一つの管理方式の在り方と考えられます。

マンション管理のトラブルは大和財託におまかせください!

役員のなり手
不足解消

マンション管理のプロであるマンション管理士が理事長に就任し、最適なマンション運営を行います!

修繕に関する
不安を解決

自社建築部門での豊富な修繕実績を元に、高品質で低価格の修繕を実現。
修繕積立金不足の問題を解決したり、大切なマンションの資産性を保ちます。

管理費・修繕積立金の
滞納や入居者同士の
トラブルを解決

数多くの督促業務や入居者対応実績を基に、外部の専門家として課題解決に取り組むことが可能です!

大和財託はこんな会社です!

会社名 大和財託株式会社 (ホームページはこちら
資本金 100,000,000円
設立 平成25年7月1日
代表者 代表取締役CEO 藤原 正明
役員 取締役事業部長 橋本 雄一郎
取締役管理部長 寺川 剛史
監査役      福元 好
所在地

東京本社

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷一丁目24番8号 渋谷東京海上日動ビルディング9階
TEL 03-6805-0325  FAX 03-4333-7721

大阪本社

〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町8番1号 梅田阪急ビルオフィスタワー29階
TEL 06-6147-4104  FAX 06-6147-2103

スタッフ紹介

担当者 黒木 淳(くろき あつし)
不動産マネジメント事業部 シニアコンサルタント
保有資格 管理業務主任者・マンション管理士・宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士
プロフィール 損害保険調査業、鉄道系大手分譲マンション管理会社を経て、大和財託株式会社に入社。所有者にとって最適な物件管理を提案することを重視し、「大切な資産」であるマンションを守るため、各オーナー様の物件管理をサポート。
担当メッセージ 分譲マンションを適切に管理するためには、生活に関すること、修繕に関すること、お金に関することなど、様々な問題を解決しなければなりません。当社が理事長を代行することで、プロの目線で最適な管理のお手伝いをさせて頂きます。東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、その他日本全国対応いたします!

よくあるご質問

Q理事長代行を依頼することのリスクはありませんか。

自主管理では発生しない代行費用や裁量権を与えることにリスクを感じる方もいらっしゃいます。当社の理事長代行では、毎月の会計報告や毎年の決算報告にて透明性を確保いたします。マンション管理最大のリスクは、管理組合が機能せず修繕も行われなかったり、管理状況の把握ができないことだと考えます。

Q理事長代行業務と管理会社の業務の範囲の違いはありますか。

管理組合の業務は、管理費等の徴収や修繕工事の実施、総会の開催など多岐にわりますが、すべて管理会社へ丸投げしてしまうことが問題と考えております。様々な業務の中から、プロの理事長として行う業務と、管理会社へ委託すべき業務を適切に判断し、管理業務を行うことで、最適な管理組合運営を行うことができます。

Q自主管理でも理事長代行を依頼することは出来ますか。

自主管理の場合もぜひご依頼ください。役員不在など管理組合が存在しないマンションは管理不全に陥るリスクが大きくなります。管理規約の整備や管理業務の委託など最適な方法をご提案いたします。

相談は無料で承ります!

理事長代行や組合サポートも安心価格でご提供!ぜひお気軽にご相談ください!
(お電話でのお問合せ 0120-581-056  受付時間10:00~18:00 水曜定休)
ご相談・お申込みはこちら