土地診断について

将来を見据えた土地活用をおこなうために

一般的に、土地活用といえばアパート・マンション建築がイメージされますが、土地活用には建築以外の方法もあるということをご存知でしょうか。
所有されている土地が賃貸経営に向かない場合、無理に建築してしまうと将来入居者が入らなかったり、賃料が大幅に下落して銀行返済に困り、最悪の場合土地を手放さなければならないことにもなりかねません。別の方法として当社が推奨している方法は、土地を所有されたまま、その土地を担保として活用し、関西圏で賃貸需要の見込みがあるエリアで1棟アパート・マンションを購入する方法です。それにより、長期的に安定した資産運用を行うことができます。

相続税対策においては、この方法では土地の相続税評価額は変わりませんが、別途収益不動産を保有することで、トータルとしてみた場合で相続税評価を圧縮することができます。
このように、土地の立地の特性に最適な活用方法を提案するために当社ではご所有の土地を総合的に調査分析し、対象地の概要・特性・立地条件・賃貸需要・適正・事業手法等の内容を「市場環境レポート」にまとめてお届けいたします。

ご所有の土地の適正や可能な活用方法をご理解いただき、今後の資産運用の一つの指針としていただければと思います。

将来を見据えた土地活用をおこなうために

土地活用について相談したい

土地活用のご相談、土地診断のご希望、ご不明点・ご不安などお気軽にご相談ください。

  • WEB申込
  • 資料請求

ページトップへ