よくある質問Q&A

当社には不動産投資に関する質問が多く寄せられます。
代表的な質問と回答をご紹介いたします。

Question

収益物件を購入する際ワンルームとファミリータイプのどちらが有利ですか?

Question

《はじめに》
収益不動産を検討するとなると色々な選択肢があると思います。
新築一棟、中古一棟、新築区分、中古区分等様々ありますが、
その中でも部屋の間取りについて
ファミリータイプ、ワンルームがいいのか
迷われることは少なくないと思います。


「ワンルームマンションが投資としておすすめです」
「ファミリータイプは収益が合いづらい」等
様々な情報が氾濫しておりますが、
今回はそれぞれの特徴についてご説明します。


《ワンルームの特徴》
ワンルームは一戸当たりの面積が狭く、
総戸数を多くとることができます。
その為、建物が同じ延べ床面積であれば
家賃総収入が多くなり利回りが良くなります。
また、入居者ターゲットとして
昨今の少子高齢化や平均寿命の増加により
若者だけでなく、高齢者にも需要があります。

しかし管理の面では問題を抱える場合があります。
家賃滞納や騒音問題などの可能性があり、
日々の管理が重要となります。


以下にメリット・デメリットをまとめます。


■ワンルームのメリット


・ファミリータイプに比べ、リフォーム費用が安価で済む
・満室時の収支がよい
・入居者ターゲットの層が広い
・空室期間を短く見ることができる


■ワンルームのデメリット


・入退去の回転が早い
・単身者のため、管理が大変なことがある。
(家賃滞納や騒音問題等)
・駅からの距離が近くないと入居付けが難しい。


《ファミリータイプの特徴》
ファミリータイプの一番の特徴は
入居期間や管理上安定している、という点です。
一度入居をして頂ければ長期にわたり
退去の可能性が低いと考えられます。
また、不動産経営のリスクである、
家賃滞納のリスクも低くトラブルが少ないことも挙げられます。


また、ファミリータイプでは、
駅からの距離には左右されずに入居者を募ることができる為
都心近くではなく、落ち着いた郊外での需要も見込めます。


ただ、学校やスーパーなどの立地や、駐車場の設置は必要となりますので、
交通環境以外の周辺環境に気を付ける必要があります。


以下にメリット・デメリットをまとめます。


■ファミリータイプのメリット


・入居者の年齢層も比較的高く、
職業的にも安定していることが多いので家賃滞納などのトラブルが少ない
・入退去が比較的少ない為、安定した賃貸経営が可能
・駅から遠い物件でも駐車場があったり、
バス便が発達していれば入居付けしやすい


■ファミリータイプのデメリット


・ワンルームに比べ、リフォーム費用が高くなりやすい
・ワンルームに比べ、利回りが低い


・空室期間が長期化する可能性がある


《さいごに》
それぞれにメリット・デメリットがあるので
そこで選択肢を狭めてしまうと本当に良い物件が出てきた時に
見逃してしまうかもしれません。

判断基準としては
・その物件がきちんと入居者がつくのかどうか、
・そのうえで収支が合うのかどうか。
他にも細かなポイントはありますが、
この2つのポイントがクリアされていれば
ワンルーム、ファミリータイプのどちらも
前向きに検討でき、
ご自身の選択肢を広げることにもなりますので
ワンルームが有利、ファミリータイプのほうが稼げない
などと固定概念を作らず
その土地の周辺環境や立地をを
ピンポイントにみて判断することをオススメします。

物件選びに自身のない方は
信頼できる不動産会社に相談してみましょう。

疑問は解消されましたか?不動産投資・賃貸経営に関するご相談はお気軽に!