大和財託株式会社

関西収益不動産の購入から管理運用・売却までトータルサポート

HOME | よくある質問Q&A | 空室リスクへの対処方法について教えてください②

よくある質問Q&A

当社には不動産投資に関する質問が多く寄せられます。
代表的な質問と回答をご紹介いたします。

Question

多額の借り入れを伴う不動産投資で一番気になるのが、空室が埋まるのかどうかです。
空室リスクについてはどのように考えればよろしいでしょうか?

Question
我が国は人口減少社会に突入し、今後空き家が急増することが想定されます。
また相続税対策として、新築アパート・マンションの建築・供給も進んでおり、
空室リスクについてより慎重に検討し対策を取ることが必須となります。

これから不動産を保有しようという方にとっての空室対策は以下の2点となります。

 ①投資をする際に対象エリアのミクロマーケットを精査する

 ②入居付けに強い管理会社をパートナーにする


順に解説します。(2回に分けます)


②入居付けに強い管理会社をパートナーにする

 現在、物件の二極化が進んでいます。
 同じエリアの同じような間取りの物件で、ある物件は常に満室である一方、
 他の物件は入居率が50%程度というような状況をよく見聞きします。

 これは、管理の良しあしで入居状況が大きく変わることを意味します。

 旧態依然のままの管理手法で入居者募集を行い空室を埋められない会社もあれば、
 ITを駆使し新たな手法で入居者募集を行い高い入居率を実現している会社も存在します。
 
 その物件のエリアに特化して管理を行っていることも管理会社選びに重要なポイントとなります。

 入居付けに強い管理会社を選び、物件購入前から相談することで、
 初期設定としての空室リスク対策は取れると考えています。
 
  
疑問は解消されましたか?不動産投資・賃貸経営に関するご相談はお気軽に!

CopyRight© 2013- , [ 不動産投資、収益物件は大和財託株式会社 ] All rights reserved