大和財託株式会社

収益不動産の建築、購入、賃貸管理、売却、土地活用
あらゆるサービスを組み合わせお客様のベストな資産運用を実現します

HOME | よくある質問Q&A | 物件調査の際には何を見ればよいですか?①

よくある質問Q&A

当社には不動産投資に関する質問が多く寄せられます。
代表的な質問と回答をご紹介いたします。

Question

物件調査の際には何を見ればよいですか?①

Question

~はじめに~


物件を購入する際には、


必ず現地をご覧になると思いますが、


その際何を見れば良いのでしょうか。


 


物件見学は、物件概要書には載っていないことが判明したり、


周辺環境の雰囲気等を肌で感じることができ、非常に大切です。


 


ただし、事前に見るポイントを抑えておかないと、


実際に見に行ったときに、何を見ればいいのか分からなかったり、


なんとなく見学するだけで終わってしまうことも多いので、


物件見学時のチェックポイントを事前に把握したうえで、


物件の見学に行かれることをお勧めいたします。


 


ここでは物件見学時にどのような準備をし、


実際の見学時にどこを確認すればいいのかという


物件見学時の重要ポイントをご説明いたします。


 


~物件見学時に必要な持ち物~


物件見学の目的は


「物件購入の可否を判断する材料を確認する」ということです。


物件見学に行く際は、効率よく多くの情報を持ち帰れるように、


いくつかおすすめの持ち物がありますのでそれをご紹介します。


 


①住宅地図


現在はスマホで簡単に地図の検索ができますが、


物件の所在を正確に把握するだけでなく、


周辺に嫌悪施設などが無いか確認出来ます。


 


②業者からもらった対象不動産の資料


業者の情報が全て合っているか確認が必要なので、


資料は必ず持参しましょう。


業者の中には、現地を見ずに紹介している業者もありますので、


注意が必要です。


 


③カメラ


なるべく物件の写真は多く撮影しましょう。


物件視察後でも気になることが見返すことが出来ます。


現在ではスマホで簡単に写真も撮れます。


 


④メジャー


前面道路の幅員を測る際に必要となります。


業者の中には実際に現地で測っていない業者もいます。


 


せっかく購入した物件が測量の結果、


規定の幅員を満たしておらず、


再建築不可となった場合、


売るに売れない状況になるかもしれません。


 


以上のものがあれば、


最低限購入の判断に必要な材料を現地で揃えることが出来ます。


 


 


~立地条件、周辺環境の確認~


ネットの情報からでもその対象地域の治安や施設などを


ある程度把握することはできますが、


実際に最寄り駅から歩いてみたり、


建物周辺を歩いてまわってみることで、


その町がどのような人が多く住んでいるのか、


騒音などがないか等を知ることができます。


 


入居者目線で見るようにしましょう。


 


入居者目線で見る際のチェックポイントは以下の通りです。


 


・最寄駅周辺の環境


・最寄駅から物件までの距離 ※実際に時間を計ると有効です


・最寄駅から物件までの生活施設(コンビニ、スーパーなど)


・最寄駅から物件までの公共施設(交番、学校、郵便局、銀行、公園など)


・最寄駅から物件までの嫌悪施設(工場、墓地、火葬場、風俗店、反社会勢力など)


 


以上を入居者目線のチェックポイントは、


物件募集時のアピールにも繋がります。


 


また実際にお部屋を借りる属性の方を


想像しながら現地視察をすることで、新たな発見もあります。


 


次回は、現地確認の際にプロが見るポイントをお伝えいたします。


 

疑問は解消されましたか?不動産投資・賃貸経営に関するご相談はお気軽に!

CopyRight© 2013- , [ 不動産投資、収益物件は大和財託株式会社 ] All rights reserved