大和財託株式会社

収益不動産の建築、購入、賃貸管理、売却、土地活用
あらゆるサービスを組み合わせお客様のベストな資産運用を実現します

HOME | よくある質問Q&A | 正しい『イールドギャップ』とは何ですか?①

よくある質問Q&A

当社には不動産投資に関する質問が多く寄せられます。
代表的な質問と回答をご紹介いたします。

Question

正しい『イールドギャップ』とは何ですか?①

Question

■はじめに


金融機関からの融資を受けて物件を購入し
不動産投資をおこなう場合、
NOI、FCRと同じく重要な投資判断指標が
『イールドギャップ』です。


NOIとFCRの説明はこちら↓↓
〈Q&A 不動産投資の投資指標とは何ですか?〉
 https://bit.ly/2JyZBDF


イールドギャップの意味を正しく理解し
適正な投資判断をしましょう。


 


■表面利回りと金利の差 ではありません!


不動産投資関連の書籍などでは
イールドギャップは
「物件の表面利回りと借入金利の差」のことで
表面利回りが高くても、借入金利が高いと
その差が大きくないため利益が残らない
などと書いてあります。
(表面利回り10%の物件を購入し
融資を金利3.0%で受けた場合
イールドギャップは7%となります)


しかし、この解釈は間違いです。


融資を受ける際に金融機関から提示される条件は
「融資金額」「金利」「返済期間」の3つです。
この3つの条件から、月々の返済額が決まります。


しかし、上述のイールドギャップの解釈では
返済期間の要素が入っておらず
それでは投資判断を誤ってしまいます。


 


■間違った解釈でシミュレーションをすると・・・


以下の物件を例題とします。



 物件価格   1億円


 年間家賃収入 1,000万円(表面利回り10%)


 借入金額  9,000万円(金利3.0%、返済期間10年)


 年間返済額  1,040万円(元利均等返済)



間違った解釈でシミュレーションをすると
イールドギャップは7%になります。
しかしこれではインカムゲインを狙ったときには


投資対象にはならないのです。
簡単に計算してみましょう。


 


【計算条件】


 空室・滞納損失:年間家賃収入の5%


 運営費:年間家賃収入の20%


 


 実効総収入=950万円 (1,000万円―1,000万円×5%)


 運営費=200万円 (1,000万円×20%)


 NOI=750万円 (実効総収入950万円―運営費200万円)


 税引前CF=▲290万円 (NOI 750万円―年間返済額 1,040万円)


 


結果、税引前CFはマイナスとなってしまいました。
イールドギャップを間違って解釈すると
正しい投資判断をすることはできないのです。


正しい投資判断のための正しいイールドギャップは
どのように導き出せるのでしょうか。


正しいイールドギャップの計算方法と目標とする数値は
正しい『イールドギャップ』とは何ですか?② 
にて解説いたします。


 

疑問は解消されましたか?不動産投資・賃貸経営に関するご相談はお気軽に!

CopyRight© 2013- , [ 不動産投資、収益物件は大和財託株式会社 ] All rights reserved