大和財託株式会社

関西収益不動産の購入から管理運用・売却までトータルサポート

HOME | よくある質問Q&A | 損害賠償リスクについて

よくある質問Q&A

当社には不動産投資に関する質問が多く寄せられます。
代表的な質問と回答をご紹介いたします。

Question

不動産投資・賃貸経営における損害賠償リスクについて教えてください。

Question
収益不動産を保有していることで、他人から訴えられたり、
賠償を求められたりするリスクがあります。


例えば、建物の不具合によって、
第三者に危害を与えてしまうケースが挙げられます。
もっと具体に言えば、
建物外壁レンガが劣化により落下するとか、
建物給排水管の劣化により部屋が漏水するなど
が例として挙げられます。


収益不動産を保有するオーナーには、
法的に営繕管理が義務付けされます。
これは民法の工作物責任(民法717条)に明記されており、
要約すると「建物所有者は、建物不具合が原因で与えた損害の責任を
最終的には善意無過失で負わなければならない」
ということで、無条件で賠償責任が発生するということです。


リスクをコントロールするには、
まず建物の状態を定期的に点検し
必要に応じてメンテナンスするということです。


そして、必須なのが施設賠償責任保険に加入することです。


これは、建物が原因で危害を与えてしまった場合に、
一部免責金額は自己負担になりますが、
ほぼすべての金額を保険会社が
支払ってくれる素晴らしい保険です。


多くは、1事故あたり最大保険金は1億円となっており、
この保険加入により金銭的なリスクは
コントロールできていると思います。

保険料は会社にもよりますが、1年間で2万円程度ですので、
不動産投資家・賃貸経営オーナーにとっては
加入必須といえます。
疑問は解消されましたか?不動産投資・賃貸経営に関するご相談はお気軽に!

CopyRight© 2013- , [ 不動産投資、収益物件は大和財託株式会社 ] All rights reserved