中文 Instagram twitter Facebook

大和財託株式会社

収益不動産の建築、購入、賃貸管理、売却、土地活用
あらゆるサービスを組み合わせお客様のベストな資産運用を実現します

HOME | よくある質問Q&A | 低い借入金利にこだわった方が良いですか?

よくある質問Q&A

当社には不動産投資に関する質問が多く寄せられます。
代表的な質問と回答をご紹介いたします。

Question

低い借入金利にこだわった方が良いですか?

Question

<はじめに>
金利についてもちろん低い方が良いのですが、
金利にこだわり過ぎると
投資の幅が狭くなり、
購入できる物件の選択肢が少なくなってしまいます。


キャッシュフローや投資効率を考えると、
あくまで「返済期間は長く」が基本でした。


一見、借入金利が高くても、
返済期間を考慮に入れることで
イールド・ギャップを大きく取ることができ、
キャッシュフローが回りやすくなるというのは
以前のQ&Aでも触れさせていただきました。



イールド・ギャップの記事はコチラ
■正しい『イールドギャップ』とは何ですか①~④


① https://bit.ly/2AUqxIe


② https://bit.ly/2KRJMbQ


③ https://bit.ly/2NMgsC6


④ https://bit.ly/2Lyclb8


 


<キャッシュフローを得るにはイールドギャップを考える>
例えば金融資産が5,000万円以上ある方は、
メガバンクをはじめとしたプロパーローンを
金利1%以下と好条件で利用できます。


メガバンクなどの融資審査に通るのはいわゆる「きれいな物件」、
具体的に言えば法定耐用年数が十分残っているRC造で
検査済証もあるような物件です。


しかし、そうした物件は総じて低利回りとなります。
相続税対策や当座のキャッシュフローに重きを置かない投資を
志向される方はこうした物件でもよいのですが、
不動産投資によるキャッシュフローを
再投資原資として買い増し続けていく方にはお勧めできません。


一方、金利は3.0%以上と高めではあるものの、
違法物件を含めて色々な物件に融資を行う金融機関もあります。


そうした金融機関を利用すれば
利回り10%以上の物件豊富に選べるため、
イールド・ギャップも大きく取れて
キャッシュフローが潤沢に得られます。


<最後に>
不動産投資の目的は借入金利を抑えることではありません。
「金額」「金利」「期間」を考慮に入れて融資を受け、
その資金を投じて投資効率の良い物件を購入する。
そして税引後のキャッシュフロー最大化を図ったうえで、
複数棟購入し将来ビジョンの達成を目指す。


これが、不動産投資の本来の目的であるはずです。


金利のみにこだわり過ぎると投資の幅を狭め、
目的達成から遠のいてしましかねません。
事実、当社のお客様が収益物件購入に際して借入する金利は、
1%以下の金融機関もあれば、
3%台のところもありますが、
どの物件も潤沢にキャッシュフローを生んでくれています。


改めて不動産投資の目的を考え、
イールド・ギャップの最大化を目指す不動産投資をおススメ致します。

疑問は解消されましたか?不動産投資・賃貸経営に関するご相談はお気軽に!

CopyRight© 2013- , [ 不動産投資、収益物件は大和財託株式会社 ] All rights reserved