よくある質問Q&A

当社には不動産投資・
賃貸経営に関する質問が
多く寄せられます。
代表的な質問と回答を
ご紹介いたします。

Question

不動産投資が生命保険代わりになるって本当ですか?

Question

 


■はじめに


不動産投資が生命保険代わりになるという話を
どこかで聞いたことはないでしょうか?


すでに住宅を購入されたことのある方なら
聞かれたことがあるかもしれませんが、
金融機関でローンを組んだことのない方にとっては、
はじめて聞かれる話かもしれません。


また、不動産投資をこれから始めようとしている方にとっては、
ご家族の理解や協力を得られるかどうかも大事なポイントかと思います。
もし、不動産投資が本当に生命保険代わりになるということが
きちんとご家族へ示せれば、ご家族の不安も軽減するはずです。


今回は、不動産投資が
なぜ生命保険代わりになるのかについてご説明いたします。


 


■団体信用生命保険への加入


一部の金融機関で融資を利用する際、
団体信用生命保険への加入が必須となっています。


団体信用生命保険とは、
万が一、ローンの名義人が亡くなったり
高度障害になったりした場合、
ローンの残債が弁済され
残されたご家族へのローンの負担がなくなるといったものです。


一般的に、マイホームを購入する際などに利用されることが多く、
収入口の無くなった残された家族がローンの返済で困ることの無いよう、
住宅ローンの借入れの際は必須となっているところが多いです。


団体信用生命保険は収益物件を購入する際にも利用できます


ローンが弁済された後も、
手元に収益物件は残るので、
そのまま賃貸を続けて
遺族年金として家賃収入を得ることもできますし、
不動産を売却してまとまった現金を得ることも可能です。


生命保険でこれだけ充実した保障を得ようとすれば
かなり高額な生命保険料を長年にわたって
支払続けなければならないでしょう。


団体信用生命保険の保険料は
ローンの金利に含まれているので、
不動産投資を始める際に、
それまで月々何万円も支払っていた生命保険を解約する方も多いようです。


なお、団体信用生命保険は生命保険の一種なので、
契約の際には健康状態の告知が必要となります。
一般の生命保険と違うところとして、
団体信用生命保険の保険料は融資金利に含まれており、
年齢が違っても金利は同じになります。


また、基本的にアパートローンであれば、
団体生命信用保険への加入が必須になっているところが
ほとんどですが、地銀・信金などから
プロパーローンで物件を購入する場合は保険はつきません。


「それじゃあ、もしものときどうするんですか?」


と不安に思われる方もいらっしゃるかも入れませんが、
仮に団体生命信用保険に入っていなくても、
元からしっかりとキャッシュフローが回っている物件であれば、
ローンの名義人が亡くなったとしても、
毎月賃料が遺族へ入りますので、
不動産を残された側としても負担にはなりません。


そのためにも、物件選びが非常に大切になります。


 


■まとめ


収益物件を購入される際に、
団体信用生命保険に加入することで、
万が一の時にも、残されたご家族を守ることができます。


ただし、「生命保険代わり」が1番の目的で不動産投資を始めてしまうと、
物件選びに失敗してしまいキャッシュフローが回らず、
生命保険代わりどころか、
お金がどんどん出ていってしまうことにもなりかねません。


安易な判断で不動産投資を始めるのではなく、
「キャッシュフローが出て、売却時に困らない物件」を
最初にしっかりと見極めて購入することがとても重要です。


それができていれば、
万が一の際にも、
不動産を残されたご家族も安心できますので
本当の意味での生命保険代わりとなるといえるでしょう。


 


疑問は解消されましたか?不動産投資・賃貸経営に関するご相談はお気軽に!

よくある質問Q&Aトップへ戻る