大和財託株式会社

関西収益不動産の購入から管理運用・売却までトータルサポート

HOME | よくある質問Q&A | ローン定数Kとは?

よくある質問Q&A

当社には不動産投資に関する質問が多く寄せられます。
代表的な質問と回答をご紹介いたします。

Question

ローン定数とはなんでしょうか?

Question
ローン定数は融資を利用して不動産投資をする際には、
欠かせない投資指標になります。

ローン定数Kの求め方は以下の通りです。


ローン定数K【%】=年間元利返済額/総借入額


このローン定数は、金利と期間のみで定まる定数となり、
意味としては、その借入をするのに
年間どの程度キャッシュアウトしているか、
という負担の度合いを示すものとなります。


■例1 借入:10,000万円 金利:1.0% 期間:15年


 K=718万円/10,000万円

=7.18%



■例2 借入:10,000万円 金利:2.0% 期間:25年


 K=509万円/10,000万円

=5.09%



上記を比較すると、金利は例1が低いですが、
返済は例2が低いということ(キャッシュフローが高いということ)
になります。


このローン定数を求めることで、
不動産投資における正しいイールドギャップを求めることができます。

イールドギャップは借入を伴う不動産投資を行ううえで、
必ず押さえておかなければならない指標となります。

※他のQ&Aで解説します。
疑問は解消されましたか?不動産投資・賃貸経営に関するご相談はお気軽に!

CopyRight© 2013- , [ 不動産投資、収益物件は大和財託株式会社 ] All rights reserved