共同担保とは?不動産投資の融資で求められたらどうすればいい?

共同担保とは?不動産投資の融資で求められたらどうすればいい?

不動産投資では、収益不動産の購入にあたり多くの方が金融機関から融資を受けて物件を購入します。

融資を引く際に、共同担保を求められることがあります。

「共同担保」は一般の方にとってはあまり馴染みのない仕組みですので、今回は不動産投資における共同担保について解説します。

■不動産投資における共同担保とは

 

不動産投資において共同担保とは、一つの債権の担保として、購入物件だけでなく購入物件以外の不動産にも担保権を設定することです。

収益物件を購入するにあたり、融資対象の不動産だけの担保価格では融資希望額に届かない場合、その乖離部分について、自己資金を入れることだけでなく他に所有する不動産を担保に求められることがあります。

つまり、金融資産ないしは他の資産で「担保を補完する」ことで有利な条件で融資を引くことが可能になります。

この共同担保に入れる物件については、自身が所有権を持っていない物件であっても、その物件の所有者から同意が取れるのであれば、共同担保として認められるケースがあります。

当社のお客様でも、ご両親が不動産投資に協力的で、借入のないご実家を共同担保に入れられる方もいらっしゃいます。

■自宅を共同担保に入れることで有利な条件で融資を受ける

 

自宅を共同担保に入れることに対して抵抗感のある方は多いのですが、自宅という資産を有効活用しない手はありません。

頭金を大きく入れていたり繰り上げ返済で残債を減らしていたりする場合、収益物件を購入する際に、ご自宅は担保余力のある物件として十分見てもらえる可能性があります。

融資が厳しい状況下では、当社のお客様でも借入の減ったご自宅を共同担保に入れることで金融機関から有利な条件で融資を引く方も多くいらっしゃいます。

ご実家などがすでに返済が終わっている場合は、ご両親の了解のもと共同担保に入れることで有利な条件で融資を引いたケースもございます。

ご自宅やご実家などの現在収益を生んでいない不動産も、活用次第ではご自身の資産形成に大きく役立ちます。

■共同担保に入れることができる物件のエリアは限定されている

 

共同担保に入れる物件はどのエリアでもよいわけではありません。

基本的には、融資を利用する金融機関が対応できるエリアとなります。

特に地銀や信金などの場合はエリアを限定しており、そのエリアから外れると共同担保として見てもらうことができません。

そのため、利用する金融機関が「どのエリアに対応しているのか」を事前に把握することは重要です。

■共同担保に入れることで有利な条件で融資を受けることができる

 

資産形成をしていく上で、有利な条件で融資を引くことは大変重要なことです。

一般の方にはあまり馴染みのない仕組みの共同担保ですが、この仕組みを活用することで有利な条件で融資が引ける可能性がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

■収益不動産を活用した資産運用のご相談は大和財託が承ります 

 

大和財託では、これから不動産投資を始めようとお考えの方、現在すでに一棟アパートや区分マンションをご所有の方にも無料で投資相談を行っています。

また、当社は50を超える多数の金融機関と太い信頼関係を構築し、これまでたくさんのお客様に有利な条件での借り入れを実現してきました。

「共同担保の活用以外にも少しでも有利な条件で融資を受けて不動産投資を行いたい」など様々なご相談を承りますので、お気軽にご相談ください。

当社では、不動産投資について学ぶ時間がとれない方も安心してお任せいただけるよう全面的にサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

プライベート相談」にお申込みいただいた方には、お客様に最適な資産運用の方法をご提案いたします。

プライベート相談

プライベート相談」は、東京、大阪会場に加えて、オンラインでも面談を行っておりますので、全国から参加いただけます。

■これから不動産投資を始める方に最適!大和財託の不動産投資セミナー

大和財託では、不動産投資で失敗しない為の原理原則やノウハウ、過去の事例を一人でも多くの方にお伝えしたいと思い、東京、大阪、オンラインにて無料で不動産投資セミナーを開催しております。

不動産投資セミナー

セミナー後の強引な営業は一切ございません。

プライベート相談はまだちょっと早いかも…という方、これから不動産投資を始める方、これから不動産投資のゴールを考えたい方も当社のコンサルタントがサポートいたしますので、ぜひお気軽にお申込みください。

✓おすすめ記事一覧
不動産投資とは?初心者でも失敗しないための基礎知識
賃貸管理はどうすればいい?不動産投資・賃貸経営の始め方
不動産投資の空室リスクと対策は?マンション・アパート経営の始め方
不動産投資には年収がいくら必要ですか?
不動産投資の表面利回りとは?収益物件の選び方について