収益不動産取得時の諸費用は、一括で経費に計上しても良いですか?

〈はじめに〉
収益不動産の取得時、
様々な諸費用が発生することは、
以前Q&Aでご紹介いたしました。

▼Q&A 物件の購入諸費用には
どのようなものがありますか?はこちら
https://00m.in/QFGKa

主に発生する諸費用としては、
登録免許税・不動産取得税・不動産仲介手数料・印紙税
司法書士費用・固定資産税精算金などが
代表的なものとして挙げられます。

では、諸費用として発生した費用は
全て一括で経費に計上できるのでしょうか?

結論から申しますと、
諸費用の中でも経費として計上できないものがある為、
全て一括で経費計上することはできません。

以下、詳細解説していきます。

〈経費として計上できるもの〉

代表的な諸費用の中で
経費に計上できるものとできないものを
以下に分けてご紹介させて頂きます。

まず、経費として計上できる諸費用は、

・登録免許税
・不動産取得税
・司法書士費用

以上が経費として計上することができます。

登録免許税と不動産取得税は
納めた時に一括で経費にすることが可能です。

登録免許税は
不動産の所有権移転登記申請時に支払うため、
決済当日に納めます。

不動産取得税に関しては、
取得して半年程経ってから
納付の通知が都道府県から来ますので
それから納めることとなります。

また、司法書士への報酬費用についても
登録免許税と同様になる為、
経費計上をすることが可能です。

〈経費として計上できないもの〉

次に経費として計上できない諸費用は、

・不動産仲介手数料
・固定資産税清算金
・印紙税

以上が経費として計上することができません。

経費として計上できない理由は、
上記の費用が物件の取得価格に含まれるからです。

つまり、土地・建物の金額に
上記費用が上乗せされて総金額が出される為、
その諸費用のみを分けて計上することができなくなります。

計上できない諸費用は、
土地・建物の金額に上乗せされる為、
建物分は減価償却費として、
償却期間に応じて費用計上されていくことになります。

〈さいごに〉

不動産投資はとても大きな金額が動くため、
それに関わる諸費用に関しても高額になります。

その為、どの諸費用が、
どのタイミングで費用として計上されるかを把握し、
資金計画を立てるようにしましょう。
税金をコントロールすることで、
不動産投資の税引後キャッシュフローの最大化を目指しましょう。

 

■大和財託の不動産投資コンサルティング


大和財託では、これから不動産投資を始めようとお考えの方向けに、様々なコンテンツを無料で提供し、一人でも多くの方に不動産投資により経済的に豊かになっていただくサポートをしています。
不動産投資に興味がある、これから不動産投資を始めたい、そんな方々の不動産投資を行う目的を明確にするお手伝いを無料でさせていただきます。



お客様のご要望やご状況、お悩みに合った、最適な不動産投資プランをご提案いたしますので、ぜひお気軽に当社の「プライベート相談」をご利用ください。

東京、大阪会場に加えて、オンラインでも面談を行っておりますので、全国から参加いただけます。


■これから不動産投資を始める方に最適!大和財託の不動産投資セミナー


大和財託では、不動産投資で失敗しない為の原理原則やノウハウ、過去の事例を一人でも多くの方にお伝えしたいと思い、東京、大阪、オンラインにて無料で不動産投資セミナーを開催しております。



セミナー後の強引な営業は一切ございません。

プライベート相談はまだちょっと早いかも…という方、これから不動産投資を始める方、これから不動産投資のゴールを考えたい方も当社のコンサルタントがサポートいたしますので、ぜひお気軽にお申込みください。


✓おすすめ記事一覧
不動産投資の始め方|始める前の注意点と不動産投資の目的について
不動産投資とは?初心者でも失敗しないための基礎知識
不動産投資の空室リスクと対策は?マンション・アパート経営の始め方
不動産投資には年収がいくら必要ですか?
不動産投資の始め方|始める前の注意点と不動産投資の目的について