中古区分マンション投資はおすすめか?

結論から言えばケースバイケースです。


小遣い程度のキャッシュフローでよければ、
中古区分マンション投資でよいと考えます。


なぜなら、中古区分マンションに対し融資をする金融機関は
個人の年収に対しておおよそ10倍を上限に
貸し出しをするため、融資の上限が限られてしまいます。


年収1000万円のサラリーマンの方であれば、
1億円が融資の上限ということです。


物件にもよりますが、
現在の市況感ではフルローンで1500万円程度の
中古区分マンションを購入した場合の
年間税引き前キャッシュフローは10万円程度です。


となれば、融資上限まで目いっぱい購入したとしても、
年間60万円程度までしかキャッシュフローは到達できない
ということになります。


その後の買い増しは、高金利アパートローンを提供する
一部金融機関しか選択肢はなくなります。


以上の点から、それほど投資規模は求めず、
かつ換金性の良さを求める方にとっては
中古区分マンション投資は有効と考えます。


※当社では、資産形成という観点に重きを置くため
中古区分マンションは原則取り扱いせず、
投資効率のよい1棟収益不動産をメインにご提案しています。