不動産投資がおすすめの理由を教えてください

一般的な投資である株式投資は「ハイリスク・ハイリターン」

な投資先といわれています。

株価上昇局面では利益を出すこともできると思いますが、

長く続くものではありませんし、大きく損することも考えられます。

不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」と言われています。
売却時に利益を出すことも可能ですし
部屋を賃貸に出すことで、家賃収入を得ることができます。

賃料収入は景気の動向に影響を受けにくく、大きな変動がないため、

安定的に収入を得ること出来ることが不動産投資の特徴です。
また入居期間は長期的になることが多く、突然の入退去が連続しない限り、
投資効果が突然半分になるなどの可能性が低いので計画的に資産形成が可能です。

長期に取り組むことが可能で、
「ロングリターン」を得ることができることが、
ほかの投資と大きく異なる点です。

そして、最大のメリットは融資を受けて投資ができるという点です。

株式投資などの有価証券への投資は、原則全額自己資金の範囲内でしか行えません。
対し不動産投資は多くは金融機関からの融資(他人のお金)にて投資できます。
自己資金を少なくすることで、
自己資金に対する投資効率を数倍以上に高めることが可能となります。
金融情勢が今の状態を維持する限りにおいては、
他の投資より、不動産投資が投資効率で一番優れているといえます。

また投資においては、リスクがつきものですが、
不動産投資におけるリスクはコントロールすることで

最小限に抑えることが可能なことも特徴として挙げることが出来きます。
 
 
【不動産投資における主なリスク】
空室リスク
修繕リスク
訴訟リスク
価値下落リスク
金利上昇リスク
火災・自身リスク
事故リスク
滞納リスク

いずれのリスクにおいても、ご自身でリスクを抑えることが可能になります。

※詳細は、以下よりご確認をお願いします。


過去記事【不動産投資のリスクはどのようなものがありますか?】

昨今、不動産業界においての不正融資やシェアハウス投資など、
ネガティブな問題が注目されておりますが、
ご自身で正しい知識と投資判断が出来れば
リスクの抑制を行いながら、
融資を活用し投資効果を高め効率的に収益を上げること可能です。

そのため、これから資産運用をお考えの方において、
当社が不動産投資をおすすめする理由にもなります。