建物管理(ビルメンテナンス)

入居者様に安全・快適にお住まいいただくためには、建物を適切にメンテナンスすることが必要不可欠です。
いくら費用を抑えたいからと、必要なメンテナンスを怠ることは、長期的に見れば既にお住まいいただいている入居者様の退去原因になったり、建物の資産価値が低下したりと、オーナー様の不利益につながります。
また、法定点検として定められている消火用設備やエレベーター設備などの点検を適切に行わなければ、万が一事故が起こった場合、
オーナー様に損害賠償責任が発生したり刑事責任を問われるリスクがあります。

適切なメンテナンスをしていれば…
資産価値が上がる
すぐ空室が埋まる
入居者様が長く入居する
事故を未然に防ぐことができる
適切なメンテナンスをしていないと…
資産価値が下がる
空室が埋まらない
入居者様が退去する
事故が起こった場合責任を問われる

このように、建物を適切にメンテナンスすることは、賃貸経営上の利益最大化に直結します。 しかし、過大コスト、過剰メンテナンスをかければ良いというわけではなく、資産価値を保てる適切な頻度で、安価なコストで実施することが大切となります。

当社は、京阪神エリアに特化して管理事業を行っており、各地域の優良な建物清掃業者、防災設備業者、エレベーター設備業者などの専門業者と良好な取引をしています。当社に管理を委託されているオーナー様には格安な特別料金で、質の高い建物メンテナンスを提供させていただけております。

当社が行う建物メンテナンス業務

定期巡回
当社巡回担当者が定期的に建物を巡回いたします。
ごみ置き場の散乱、自転車置き場の乱れ、不法投棄の有無、共用廊下の管球切れなど、異常がないかチェックいたします。

その場で対応できる場合は、即時問題を解決し、費用がかかる場合はオーナー様にご報告・ご相談し対処しています。
定期清掃
日常清掃だけでは処理できない汚れについては、定期清掃を都度実施いただくことをご提案しております。一般的には年1~2回を提案するのですが、当社では建物の汚れ具合によっては実施しないこともあります。これは費用をかけすぎないための考えであり、当社は常にオーナー様の利益最大化を考え管理運営しております。

内容:ポリッシャーによる機械清掃(床材質に応じてワックス仕上げも行います)、高所作業が必要な個所の清掃

日常清掃
いくら部屋の中が快適であっても、建物廊下やエントランスにごみが散らかっていると、入居者様が快適に満足いく住生活を送ることはできません。また、新たに入居を検討されるお客様に選んでもらえなくなります。

当社では物件規模に応じ、適切な清掃回数を算定し、オーナー様にご提案しております。また毎月1回清掃報告書をオーナー様に提出し、確実な清掃を行える体制を構築しています。

内容:建物共用廊下の掃き掃除、ごみ箱内容物の処分、表札・インターフォンなどの拭き掃除、敷地内の掃き掃除・ごみ拾い、植栽への散水、手作業での除草など

エレベーター保守点検
エレベーターは建築基準法などの関係法令によって定期検査が義務付けられています。エレベーターに不具合が発生すると、人命にかかわる重大な事故につながる恐れがあるため、保守点検は必須となります。

メンテナンス契約には、POG契約とFM契約の2種類がございます。POG契約とは法定点検に注油や調整および一部消耗部品が費用に含まれますが、部品の交換や修理は別途実費で費用がかかる契約です。一方、FM契約とはPOG契約の内容に加え、主要部品交換・修理・調整までを定額費用に含めた契約です。
当社では費用の抑えられるPOG契約を基本契約としておりますが、オーナー様によっては、万が一の突発的出費リスクを抑えたいというお考えもございますのでその場合はFM契約をご提案しております。
貯水槽清掃点検
10トンを超える貯水槽については水道法により簡易専用水道に該当し、定期清掃および点検が義務付けられています。
また、10トン未満の貯水槽については、行政区によって扱いは異なりますが、入居者様が利用する水を預かる重要な設備であることから、当社では原則清掃点検を行っていただくようオーナー様にご提案しております。
消防設備点検
消防用設備点検および消防署への報告は、オーナー様の法的義務です。万が一の火災の際に確実に消火活動ができるように機能を維持することがオーナー様には求められます。
当社ではオーナー様の法的リスクを無くすのは当然のこと、入居者様に安全快適なお住まいを提供するために、法令遵守で適切な点検および是正を格安料金で行っております。
その他
建物の状態に応じで植栽剪定、排水管清掃など、適切な頻度で格安な費用で作業いたします。